2015年10月07日

【お知らせ】PFJカフェ 『世界のリアルを語る』& “絆” KIZUNAプロジェクト報告会

すべての命が平和に暮らすことができる日は果たしてくるのでしょうか。いつからか人類は限られた資源を奪い合い、傷つけあうようになってしまいました。世界を人災や天災が席巻する中、日本人として何ができるのか、子どもたちに何が伝えられるのか、世界85カ国を歩いてきた「ふじもん先生」が世界のリアルを語ります。また、8月に行われた、イスラエル、日本、パレスチナの青少年の里山体験&対話交流プログラムの報告も行います。

★日 時: 11月7日(土) 15:00~17:00
※終了後、エスニックビュッフェの懇親会も開催します。(17:15-19:00)
★場 所: JICA地球ひろば(市ヶ谷) http://www.jica.go.jp/hiroba/about/map.html
★内 容: 15:00-16:00 第一部 講演会『世界のリアルを語る』
     休憩
    16:10-17:00 第二部 "絆" KIZUNAプロジェクト2015報告会
★参加費: <講演会・報告会のみ>    学生 500円 社会人1000円
      <講演会・報告会+懇親会> 学生 2000円 社会人2500円
★申し込み: info@peace-field.org (@は半角に書き換えてください)  
 ※お名前、ご所属、ご連絡先、懇親会の参加/不参加をお知らせください。

講 師: 藤本正樹氏
1979年9月5日生まれ。学校教育修士(専門職)。
大学卒業後、プロスキー選手として国内外で活動。引退後、ワーキングホリデーにてオーストラリアに渡り、日本語教師、空手指導員、日本人会イベント運営など様々なボランティア活動に従事する。その後アジアを中心に世界各地を放浪し、日本へ帰国。帰国後、教育の世界へ。私立高校教諭、板橋区教育委員会特別支援教育巡回指導員を経て、埼玉県公立中学校教諭となる。中学生と社会人が働く目的について語り合う対話型授業「ハタモク中学」や、プロの格闘家を招待しての体験学習授業などが注目され、読売新聞に掲載される。2013年3月に中学校を退職。子どもたちの世界観を広げたい、「世界のリアル」を日本の子どもたちに伝えたいという想いから、再び世界一周放浪の旅へ。旅中は世界各地で活躍する日本人へのインタビューや、日本人学校および現地の学校への取材活動も行う。世界5大陸縦横断を果たし、合計約85の国に訪問。2015年の春から夏にかけてはインドを訪れる。現在でも世界中への旅を続け、常に世界に触れながら「世界リアル」を届け続ける旅人先生として、全国各地の学校や塾、教育イベント等を駆け回っている。「ふじもん先生の旅プロジェクト・世界一の授業」代表。
ホームページ: http://www.fujimonsensei.com

ふじもん先生.jpg
posted by Peace Field Japan (PFJ) at 11:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント

この記事へのトラックバック